yum レポジトリ

提供: pgpool Wiki
移動先: 案内検索

PgPool Global Development Group ではオフィシャルの Pgpool-II yum レポジトリを公開しています。

http://www.pgpool.net/yum/

これにより、yum コマンドを使って Pgpool-II や PgpoolAdmin のインストールが可能です。 RPMを使ったPgpool-IIのインストールの詳細は、 http://www.pgpool.net/docs/latest/ja/html/install-rpm.html をご覧ください。 現在のところ Pgpool-II 3.3 以降、 RHEL6/RHEL7 x86_64 (およびCentOSなどの互換ディストリビューション) プラットフォームがサポートされています。

この yum レポジトリを使うためには、最初にレポジトリ RPM をインストールする必要があります。レポジトリから RPM をダウンロードしてインストールするには、以下の様なコマンドを実行します。(Pgpool-II 3.6.x の例)

# yum install http://www.pgpool.net/yum/rpms/3.6/redhat/rhel-7-x86_64/pgpool-II-release-3.6-1.noarch.rpm

これにより、オフィシャルのレポジトリからのパッケージのインストールおよびアップデートが yum コマンドで行えるようになります。

Pgpool-II オフィシャル yum レポジトリに含まれるパッケージの名前は、以下の様に PostgreSQL のバージョン番号が含まれています。(ただし PgpoolAdmin は除きます。)Pgpool-II で用いる PostgreSQL のバージョンによって必要なパッケージをインストールしてください。

pgpool-II-pg96
pgpool-II-pg96-extensions